電子タバコ人気おすすめランキング2020|最新VAPEを種類別に比較!

紙巻きたばこから電子タバコに代えると太る原因と対処法

紙巻きたばこから電子タバコに代えると太る原因と対処法

健康のために紙巻タバコを止めて、電子タバコに切り替えようと思っている人も多いのではないでしょうか。

紙巻タバコは自分の健康リスクを下げてしまうだけではなく、副流煙で周りにいる大切な人の健康にまで影響を与えてしまいますね。

紙巻タバコから電子タバコに代えた人の中には、太ってしまったとお悩みの人も多いです。

紙巻タバコから電子タバコに代えただけで、太ってしまう原因はどこにあるのか、太るのを防止するにはどうしたらいいのかを紹介しています。

紙巻きたばこから電子タバコに代えると太る原因

紙巻きたばこから電子タバコに代えると太る原因

紙巻タバコから電子タバコに代えると太る原因は、両者の違いにあります。

紙巻タバコは有害物質がたくさん含まれていて、健康にもよくありません。

ニコチンやタールなどの有害物質が体に様々な影響を与えていて、健康リスクを下げてしまっていますね。

そこで、電子タバコの健康への影響と、電子タバコへ代えるとなぜ太ってしまうのかについて、紹介しましょう。

電子タバコの特徴

普通のタバコから電子タバコに代えただけで太る原因を探る前にまず、電子タバコの特徴を知っておきましょう。

電子タバコは、リキッドを電気で加熱して蒸気を吸うタバコのことですね。

紙巻タバコと大きく違うところは、タバコ葉が全く使われていないという点です。

リキッドは体に安全なものでできていて、ミントやバニラなど、数限りないほどのフレーバーがあります。

タバコ葉が使われていませんから、ニコチンやタールなど、体に有害なものは一切含まれていません。

紙巻タバコのようにモクモクとした煙は出ますが、吸っているのはもはや別物です。

リキッドの香りや味を楽しみながら、タバコを吸った気分になれるのがいいところですね。

フレーバーの数が多いですし、本物のタバコっぽいフレーバーなどもあります。

紙巻タバコの代替品としては遜色なく、禁煙にもぴったりですね。

ニコチンが味覚を感じにくくしていた

紙巻タバコから電子タバコに代えてから、食事などがおいしく感じるという人も多いですね。

食べ物がおしいく感じてしまうと、自然と食欲が増してしまって食べる量も増えてしまいます。

紙巻タバコに含まれているニコチンは、食べ物の味などを感じる味蕾という部分の機能を低下させてしまいます。

紙巻タバコを吸っている間は、食べ物がおいしいと感じにくい状態です。

電子タバコにはニコチンが含まれていませんから、そんなニコチンの味覚を鈍化させる機能が働かなくなりますね。

その結果、味覚が正常に戻って来て食べ物がおいしく感じられ、ついつい食べ過ぎになってしまいます。

紙巻タバコを吸っている頃よりも、電子タバコに代えた後の方が、カロリーの取り過ぎになってしまいます。

だから、摂取カロリーが増えてしまって太ってしまうという仕組みです。

脱ニコチンで体の機能が正常に戻る

ニコチンには脂肪がたまらないように抑制する働きがありますから、紙巻タバコを吸っている間は自然と太りにくい体質でいられます。

電子タバコに代えるとニコチンの影響を受けにくくなってしまって、以前よりも脂肪をため込みやすくなり太ってしまいますね。

また、ニコチンは血管を収縮させて、血液の流れを妨げる働きがあります。

紙巻タバコを吸っている人は冷え性が多かったりするのも、タバコのニコチンが血行不良を引き起こしていたせいですね。

ニコチンの入っていない電子タバコに代えると、当然、収縮していた血管が元に戻って血流もよくなります。

血行がよくなることは健康面ではとてもいいことなんですが、同時に太りやすくしてしまう原因にもなります。

体のあちこちで血流が悪くなっていたのがよくなりますから、体の機能が全般的にアップします。

すると、栄養がしっかり吸収されるようになり、紙巻タバコを吸っていた頃よりも脂肪が付きやすくなってしまいます。

例えば、血流がよくなることで胃腸の調子が上がって消化吸収が進みますから、以前よりも栄養が吸収されて脂肪に変わる分も増えるという仕組みです。

電子タバコに変更後も太るのを防ぐ対処法

電子タバコに変更後も太るのを防ぐ対処法

健康のために紙巻タバコから電子タバコに変更したのに、太ってしまっては困りますよね。

ある程度年齢を重ねた人だと、あまり太ってしまうと生活習慣病などのリスクも高くなってしまいます。

紙巻タバコを吸っていた頃よりも電子タバコに変更した後の方が、体は健康になっています。

元々の機能が戻ってきただけですから、それをキープしながら太らないように気をつける必要がありますね。

そこで、電子タバコ変更後に太るのを防ぐ方法について、紹介しましょう。

食生活を見直して食べ過ぎを防ぐ

紙巻タバコのニコチンが切れたせいで、電子タバコに変更後はついつい食べ過ぎになりやすいです。

たくさん食べればその分体重も増えてしまいますから、食生活の見直しや食事コントロールが重要ですね。

太るのを防ぎたいなら、電子タバコに変えても食べる量が増えないように、食事の量を同じにキープしておくのが重要ですね。

食欲旺盛になりやすいですから、食欲に負けないようにして食べ過ぎを防ぎましょう。

また、食事の内容にも気を配りましょう。

糖質や脂質はすぐに脂肪になってしまいますから、必要以上に取り過ぎないのがおすすめです。

その代表的なものがおやつなどの間食ですね。

はカロリーが高くて脂質や糖質が多く太りやすいものばかりですから、電子タバコに切り替えた直後は控えるのが無難です。

電子タバコに変えて1ヶ月くらいすると体も慣れてきますから、その間は食事管理をしっかり行って太らないようにするのが大事ですね。

野菜を積極的に取り入れよう

食生活の見直しを行いながらも、積極的に取り入れていきたいのが野菜です。

基本的に栄養バランスの整った食事というのが大前提で、その上で野菜を多めに取るようにしましょう。

野菜は硬くて繊維質も多く噛む回数が自然と増えますから、満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防いでくれます。

この食物繊維は他にも大きな役目を果たしてくれます。

水分を含むとお腹の中で膨らむという働きがありますから、空腹を和らげてくれて食べ過ぎ防止になります。

腸の働きが活発になりますから、老廃物をしっかり排出できるようになりますね。

また、野菜は血糖値の急激な上昇を防いでくれて、脂肪がため込まれるのを防いでくれます。

太るのを防止できるだけでなく、健康面でのメリットも大きいですね。

ビタミン類をたっぷりと含んでいますから、ストレス解消にも効果的でリラックスした精神状態をキープしやすいです。

低カロリーで栄養価も高く肥満防止にいいですから、意識して野菜を取りたいですね。

脂肪を減らす定番の有酸素運動を取り入れる

電子タバコに切り替えただけでも、体内のニコチンがどんどん抜けて、体が元の状態へと戻っていきます。

脂肪をため込みやすくなったり、栄養をしっかり吸収するようになったりしてしまいますね。

以前と同じ食事をしていても体の機能の変化で、太りやすくなってしまいます。

これを防止するためには、増えてしまう脂肪をしっかり消費してあげるのが大事ですね。

脂肪を減らすには体を動かして、脂肪を燃やしてしまうのが一番です。

それに効果的なのがダイエットでもおなじみ、定番の有酸素運動ですね。

ウォーキングやヨガ、水泳やジョギングなど、どんな運動でもいいので取り入れてあげましょう。

有酸素運動はハードではありませんから、普段運動しない人でも取り組みやすいです。

電子タバコに変えて、体の機能が元に戻って元気になってきたのですから、健康維持のためにも適度な運動は続けていきたいですね。