電子タバコ人気おすすめランキング2020|最新VAPEを種類別に比較!

タバコを吸っていると抜け毛が増える?電子タバコに切り替えるのがオススメ

タバコを吸っていると抜け毛が増える?電子タバコに切り替えるのがオススメ

タバコを吸っていると抜け毛が増えてしまい、薄毛の原因となってしまうことがあります。

薄毛対策をしたいけれどタバコはやめられないという方におすすめなのが、電子タバコに切り替えるという方法です。

普通のタバコをやめて電子タバコにすることで抜け毛を防ぐことができます。

この記事ではタバコと抜け毛の因果関係や、電子タバコに切り替えることでどのような効果が得られるかについて解説します。

タバコを吸っていて薄毛が気になる方はぜひ参考にしてください。

タバコを吸っていると抜け毛が増える?因果関係について

タバコを吸っていると抜け毛が増える?因果関係について

タバコを吸っていると抜け毛の原因となって、薄毛になってしまうことがあります。

ここではタバコを吸うことでなぜ抜け毛が増えてしまうのか、その因果関係について解説していきます。

タバコを吸うことによる髪への悪影響にはどのようなものがあるか理解しましょう。

特に薄毛が気になっている方はタバコと抜け毛の関係について知っておくことが大切です。

ここでは、タバコによって引き起こされる抜け毛の原因を大きく3つに分けて解説します。

タバコに含まれるニコチンが抜け毛の原因となる

タバコを吸うことによって抜け毛が増えたり薄毛になってしまう原因のひとつが、タバコに多く含まれているニコチンです。

人間がニコチンを摂取すると自律神経が乱れた状態になってしまいます。

自律神経の乱れの影響によって身体が興奮した状態が続くようになり、頭皮から汗が多く分泌されるようになってしまいます。

汗や皮脂によって毛穴がふさがってしまうことは、毛がそれまで通りに生えることを阻害してしまいます。

毛穴がせまくなってしまうことでそこから生えてくる毛が細くなってしまったり、完全に毛穴がふさがってしまうことでそこから新しい毛が生えてこなくなるといった髪のトラブルが起こるようになります。

ニコチンには強い中毒性があるため、ニコチンの影響がなくなってきてもすぐに次のタバコを吸ってしまう人も少なくありません。

その結果、自律神経の乱れや身体の興奮状態がさらに長時間続くようになってしまいます。そのためニコチンが抜け毛や薄毛の原因となってしまうのです。

髪の生え変わるサイクルが乱れてしまう

タバコを吸うことで抜け毛が増えてしまう原因となるのが、タバコによって髪の生え変わりのサイクルが乱れてしまうことです。

タバコを吸うことで人間の体内にある毛細血管が縮んでしまいます。

毛細血管が縮むことによって血行が悪化すると身体の各部に十分な栄養を送り届けることができなくなっていきます。

その結果頭皮にも十分な栄養が行きわたらなくなり、髪の毛をサイクル通りに新しく生やすことができなくなってしまうのです。

一度サイクルが乱れてしまうと新しい髪が生えるのがどんどん遅れてしまい、抜け毛が目立つようになります。

また、血行の悪化によって身体が冷えやすくなってしまい、頭皮の温度が下がってしまうこともあります。

頭皮の温度が通常より低くなると、健康的な髪を育てることができず抜け毛が増える原因となることがあります。

タバコを吸うことで髪に必要なビタミンが失われる

タバコを吸うことで抜け毛が多くなってしまう原因となるのが、タバコによって体内の多量のビタミンが失われてしまうことです。

髪の毛を正常に成長させるためにはビタミン類が欠かせず、特にビタミンBやビタミンC、ビタミンEは髪を作るために必須の栄養となっています。

タバコを吸っているとこれらのビタミンが破壊されてしまうため、髪が細くなってしまったり抜けやすくなってしまいます。

特に現代人はビタミン不足になっていることが多いため、サプリメントなどで補っていたとしても十分なビタミンが得られていないことがあります。

タバコを吸っているとさらにビタミンが足りない状態になってしまうため、抜け毛が増えて新しい髪が生えにくくなることが多いです。

特に中年以上になると加齢によって髪が細くなる傾向にあるので、いっそう薄毛が目立ちやすくなります。

電子タバコに切り替えれば薄毛対策は可能!

電子タバコに切り替えれば薄毛対策は可能!

抜け毛が増えてしまい薄毛になってしまった喫煙者の方におすすめしたいのが、タバコを電子タバコに切り替えることです。

電子タバコにすれば薄毛対策をすることができます。

ここでは普通のタバコと電子タバコの違いや、どうして電子タバコにすることで薄毛対策になるのかについて解説していきます。

タバコを吸っていて薄毛が気になってきた方や、抜け毛が増えるのを防いで将来的に薄毛になるのを避けたいという方はぜひ参考にしてください。

電子タバコには抜け毛の原因となるニコチンを含まないものがある

電子タバコが薄毛対策になる理由のひとつとして、電子タバコには種類によってはニコチンを含まないものがあるためです。

抜け毛や薄毛が気になるという方はぜひニコチンの含まれていない電子タバコを選んでみてください。

ニコチンを摂取するのをやめることで、毛穴をふさぐもとになってしまう頭皮に分泌される汗や皮脂の量を減らすことができ、今まで通りの健康的な髪の毛を生やすことができるようになります。

また、ニコチンを含まないものであれば依存性がほとんどないため、普通のタバコのように短時間で何度も喫煙してしまう心配がないのもメリットとなります。

毛が細くなってきたと感じたり、薄毛が気になってきたらニコチンを含まない電子タバコに切り替えることを検討してみてください。

タバコの影響で完全に毛穴がふさがってしまう前に、ニコチンの摂取を控えるようにしましょう。

ニコチンのない電子タバコであれば体内のビタミンが奪われない

通常のタバコから電子タバコに切り替えることで薄毛対策ができる理由のひとつとして、ニコチンが含まれていない電子タバコであれば体内のビタミンが破壊されることがないためです。

ニコチンを含む通常のタバコを吸っていると、正常な髪の毛を作るのに必要不可欠なビタミン類が破壊されてしまい、抜け毛や薄毛の原因となってしまうことがあります。

ニコチンの含まれない電子タバコを利用すれば、喫煙をしながら体内に十分なビタミンを確保することができます。

タバコはやめたくないが薄毛対策はしたいという場合にはニコチンを含まない電子タバコに切り替えるのがおすすめです。

中でも普段から食生活が乱れがちな方や、中年以上の年齢の方はビタミンが失われやすい状態になっているので、ニコチンのない電子タバコを選択する方が良いでしょう。

有害物質が少ないので健康的な髪の毛が育ちやすい

電子タバコに切り替えることで薄毛対策ができる理由のひとつとしてあげられるのが、電子タバコは通常のタバコと比較すると有害物質の含まれる量が少ないことです。

タバコを吸っていると有害物質を身体に取り入れてしまうことになるため、タバコに含まれる成分によっては髪の毛の成長が妨げられてしまったり、生え変わりのサイクルが乱れてしまうことがあります。

特に普通のタバコには有害物質が多く含まれているため、薄毛や抜け毛といった髪のトラブルを引き起こす原因となりやすいのです。

電子タバコの特徴として、通常のタバコと比較して有害物質が含まれる量が少ないという点があります。

そのため、通常のタバコから電子タバコに切り替えることで、喫煙を続けながら身体に取り入れる有害物質を大きく減らすことができます。

そうすることで、タバコ自体はやめずに髪の成長を正常なものにして薄毛対策ができるのです。